MasKのpermission denied.

新卒2年目WEBエンジニアの僕がぶつかった技術的な問題や発見のメモ

エラーメッセージへのアクセスの仕方【Laravel】

Laravelでバリデーションチェックして、エラーメッセージを取得したいというときに帰ってきた変数の中身をvar_dumpしたら

object(Illuminate\Support\MessageBag)#116 (2) { ["messages":protected]=> array(3) { ["name"]=> array(1) { [0]=> string(25) "nameは必須項目です" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(25) "mailは必須項目です" } ["content"]=> array(1) { [0]=> string(28) "contentは必須項目です" } } ["format":protected]=> string(8) ":message” }

っていうのが帰ってきたんですが、["messages":protected]へのアクセスの仕方が分からず調べたのでシェア。
最初は

$errors->messages;

とか

$errors->messages();

あたりでとれるのかと思ったけど、そうではないみたいで、これにアクセスするには

$messages = $errors->getMessages();

にしないといけないらしい( ´(00)`)